トレーニングを始めて早2週間が過ぎました。

ということは帰国も間近です。
途中オフの日にはBludenzまで昨年アスリハを担当してもらっていたアレックスの元へと行ってきました。

自身の仕事も忙しく、今季でヒルシャーとの活動も終わりになるようですが、10年以上オーストリアのトップチームに帯同していたのは凄いことですね。

ケアの方法も関節の動きを良くするようなアプローチの仕方で新鮮な感じです。やってもらったあとの動きはめちゃくちゃいいです。
帰り道ではお土産を渡しにSt.antonに寄って、素晴らしい友人達にランチをご馳走になりました。村に入ると、帰ってきた〜という気持ちになってなんだか不思議な気分でした。

天候が良くなく、雪も安定しない状況ですが身になる練習ができています。

スケーティングから始まり、プロペラターンや目ビーム(野沢の人しか伝わらないと思いますがなんて言えばいいか分からないので勘弁)でゲートに入ったり、その成果をゲートに入って実感しています。

スキーテストもあるので集中して残り頑張りましょう〜〜

しかし明日の積雪が20cmという予報。。。

「オレはこうだから」と固い信念を持って生きていても、そのこだわりが間違っていたら一生、間違ってしまう。だから、いいとこ取りが出来る柔軟さが大事

By 課長 島耕作    島耕作