Author: 河野 恭介 (page 2 of 5)

柔らかい雪

ソルダ3日目ですが、大雪の影響でバーン状況は柔らかいままです。10月中は本当に硬い良い条件で滑り込めたのですが、逆に柔らかい条件か少なかったのでチャンスと思ってます。

雪面が柔らかく、外スキーが埋まるようなシチュエーションでは全体的に余裕がなければいけません。余裕というのは、スキーとの距離が不意に離れてもコントロールできるようにしていましょうね、掘れていても股関節で吸収できるように可動域は残しておきましょうね、っていう感じです。

つまり重心が内側すぎてスキーとの距離がギリギリだったり、上体が前傾しすぎて股関節の動きを制限していると滑るのが難しかったり、足元の変化ですぐ失敗につながってしまうという。

そういう意味では非常に良い練習です。スピードが遅かったり、掘れすぎて練習量がこなせなかったり、問題は色々ありますが、必要です。

とあるシーズン、ノルウェーチームは行くところ行くところで雪が降ってしまい、結局シーズンインまで柔らかいところばかりで練習する羽目になったそうです。ですが、蓋を開けてみるとワールドカップで大活躍。ということもあったそうです。

柔らかいところばかりで練習していて氷の上でいきなり滑るのはターンスピードも全然違うのでキツイですが、上手く組み合わせた練習ができるのが理想です。でも結局は天気次第です。自然には敵いません。

とにかく、この条件を最大限に活かして頑張ります!

きょうすけ

中日新聞に掲載されました

日本滞在中に取材して頂いた記事が、11月7日の中日新聞に掲載されています。

記者さんがとても素晴らしい方で、熱心に取材して下さいました。同時に応援もして頂いて、とても嬉しかったです。また記事にしてもらえるよう結果を残したいと強く思いました。

長野県内の皆様は是非ご覧ください!

きょうすけ

ソルダ Solda Sulden 

ボンジョルノ!
イタリアのソルダで久しぶりの雪上練習でした。が、写真の通り、ガスがひどくて雪も風も凄くて大変でした。

 

ソルダは別名スルデンで、どっちも正しいと思います。みんなと話してる雰囲気的に。リフト券はこの時季36.5ユーロ、デポジットが5ユーロ。どこのスキー場でもそうですが、地元だったりトレーニングカテゴリーがワールドカップだったりすると割引が受けられます。

 

スキー場は割と大きく、この時期はロープウエイを二本乗り継いで上部エリアへ。数年前に下部エリアに新コースができ、そこでもトレーニングができます。

 

僕も練習に参加していたことがありますが、石井智也選手が在籍しているWRA(world racing academy)がベースにしているスキー場です。

 

ロープウエイを降りてリフトで上がったところにある山小屋のアリオリオが最高に美味しかったと記憶しているので、チャンスがあれば是非食べようと思います。

 

今日は久しぶりにWRAの面々に会えて嬉しかったですね〜!みんな元気そうでなによりでした。マテリアルチェンジをしている選手もいて、というか大体の人が見慣れない足元でした。

 

練習のほうは冒頭の写真のような状況で、昨日の降雪もあり、非常にタフなコンディションでした。ゲートは3本しか滑らず、早めの撤退。明日に期待です。

 

きょうすけ

レジア湖

インスブルックからイタリアのソルダに移動して来ました。道中にはこんな時計台が湖に沈んでいるスポットがあります。

ランデックから南下してイタリアに入るルートの途中の山の上にあります。
天気が悪かったのですが、霧がかかっていて逆になんかいい感じでした。ここを通る度にジュニアチームの頃に先輩方と並んで写真を撮ったのを思い出します。

あれからもう8年くらいでしょうか。時が経つのは早いものです。歳をとればとるほど時の流れが速く感じるそうですが、6歳の子にとっての1年は人生の1/6で、60歳の人の1年は人生の1/60だから相対的に短く感じるそうです。

また、若い頃は経験が少なく、多くの初めての出来事が印象に残るため長く感じるそうです。確かに、ヨーロッパに来始めた頃は遠征がとても長く感じましたが、今はそうでもないような。

とりあえず、ソルダではたくさん雪が降ってます。月曜日には最高気温-5℃最低気温-15℃という予報も出ています。寒さに負けぬよう、準備したいと思います。

日本のみなさんも体調にはくれぐれも気をつけて、僕に代わって雪乞いを早めに始めてください。よろしくお願いします。

きょうすけ

長距離移動時に気をつけていること

どうもみなさんこんにちは。

 

今日は1日インスブルックで過ごし、明日はイタリアに移動します。アルペンスキーヤーには長距離移動が付き物ですが、移動で気をつけていることを簡単に書きたいと思います。

  • 水分摂取
  • 股関節屈曲筋群のストレッチ(前腿、腸腰筋)
  • 腰背部リリース(コロコロしたり、腹筋したり)
  • できるだけ血行を悪くしない(機内で足振ったり、乗り換え中歩き回ったり)
  • 栄養不足になりやすいのでサプリメントで調整

 

と、こんな感じでしょうか。血流を良くするためにコンプレッションタイツなども試みたことがありますが、リラックスできないので僕はNGでした。やはりポイントは椅子にずっと座った状態になっているので、股関節が曲がりっぱなしになることによって起こる背中と股関節前面のタイトです。

 

できるだけ股関節の前側は伸ばすようにしてあげると移動中の腰の負担も減りますし、なによりスキーに乗る前に固まってしまうのは避けたいです。僕は腰が張ると胃腸の調子が悪くなります。関係があるのかは分かりませんが。。。

 

とにかく、移動で体の状態を悪くするのはもったいないので、少しでも悪化を食い止めるよう努力することは絶対必要だと思います。

 

 

 

さて、今日は軽めにコンディショニングをして、明日の移動に備えたいと思います。

 

 

 

きょうすけ

 

 

再びヨーロッパへ

投稿が滞りました。
あれからもう3週間ほど練習を積み、日本に一時帰国していました。帰ってみると免許の更新通知が来てたり、やることが沢山あったり、とにかくあっという間でした。

今回の出発は成田からの便が高かったので名古屋から。初めて特急ワイドビューしなのに乗りました。日本三大車窓の風景が見えるとのアナウンスを最後に寝てしまいほとんど記憶は無く、あっという間の3時間でした。

名古屋では名物を食べようと思い、ひつまぶし→味噌カツ→名古屋コーチン(刺身、串、手羽先)→天むす→きしめんと、食べ散らかしてきました。本当にお腹いっぱいになりました。

そんなこんなでヨーロッパに戻ったわけですが、滑りの状態はとても良いと思います。状態というか、確実に技術が向上しているという自信があります。ですが、ここで大事なのは、そのレベルでの精度を高めること。1日良かったからといっていままでの積み重ねを忘れることなく日々進んでは戻って確かめて、また進んで。少しずつ足元を固めて登っていくことが大切です。

これはいままで調子の波が激しかったことの反省です。再現性を高めること、ある程度の水準以上で毎日、毎本、毎ターン続けること、そうやって質と精度が本当の意味で高まっていくんだと思います。
いまはSNSをやってないので、できるだけこの場で現状報告をしたいと思います。むしろこれこそ毎日やるべきですね。
さて、間も無くレースが始まります。みなさんの期待に応えられるよう精一杯頑張ります。しばらく日本には帰りませんので、このブログを通じてお会いしましょう。

それではみなさん、また明日!
きょうすけ

GS 週間

今季はGSも真剣に取り組んでいます。
というか、ここ数年、GSのトレーニングに取り組むことができなかっただけなのですが。
曲がらない曲がらないと悩んでましたが、思い切って内傾角を出してみて、体から外足を離してみて、思いっきりスキーに向かって動いてみて、色々やって限界を探ってみることでかなりステップアップできてきました。
実際、外足が逃げないようにとかラインを高くキープしようとだけ思っていて動きが小さくてスキーがたわまず、角度も深くならずターン弧が大きくなって曲がりきれずスキーを振ってって悪循環に陥ってました。
条件もいいので、基本練習もたくさん出来て、ゲートの中でも色々トライしたり、7本滑って5回転んだ日もあったけど、成長を感じています。

やるからにはとことんやりたいと思います。
R35 のスキーもかなり扱えるようになってきたし、と思いきや来季からR30という。
でもおかげでかなり技術的な進歩があって、方向性もバッチリだと思うのでスラロームにがんがん活かしていきたいです。

明日はお休み。
きょうすけ

動くということ(動画あり)

こんにちは。

 

今日はスラロームの動画です。

いま取り組んでいることは、ずばり「動く」こと。

 

動くといってもたくさんの動き方がありますが、僕の場合は、スキーをたわませるように動くこと。

 

どういうことかというと、スキーに対して近づくように動くことです。

 

少しずつ形になってきたので動画載せますが、実際にはこのスキーをたわませる動きだけでなく、スキーを走らせる動きも必要になります。

 

それは上下方向ではなく、水平に回転するような動きになります。前半に少し外を向いた状態からターン後半に向けてスキーに正対していって、最後に外足でプッシュオフするような動きです。

 

この動きがあるとターン後半の外足から次の外足への重心移動もスムーズになります。

しかし、急斜面や細かいセットでは動きはコンパクトにしなければなりません。

 

最終的にはそれらを組み合わせた3Dの動きをスムーズにどんな条件でもできるようになることが目標です。

 

とりあえず、いまはスキーをたわませるような動きが出るように練習中です。

 

文章に起こすのは難しいですが、頭の中の整理にもなります。

明日も頑張ります!

 

 

きょうすけ

 

Day off

今日は雪上練習は休みでした。

1日大雪のためフリースキー、4日ゲートで1日休み。
昨日はプールとサウナで流して緩めて、今朝はゆっくり起きて、午後は軽くテニスをして汗を流し体のケア。
明日もスラロームのゲートなので、そろそろ動画でも載せたいと思います。需要があれば。笑
6月の基本トレーニングとGSのトレーニングがいきてきているなと思うこの頃。

股関節の動きも少しずつ出てきていい感じです。

チームメイトのN田くんにプレゼントを買ったのですが、喜んでくれるかどうか。。。
それではまた明日。

きょうすけ

Pitztal 

こんにちは!


ピッツタールに移動し、トレーニングを行っています。
横田サービスマンと


帽子は、ミールサポートをしてくれてる、サンアントンにあるm3というホテル&レストラン&カフェ&バーのものです。

グッズがいろいろあってイカしてます。
ピッツタールでは先週末に降雪があり、最初の2日は少し柔らかめの雪でしたが段々と落ち着いてきています。

橘井トレーナーがおにぎりを作ってくれて、練習終わりにBCAAと頂いてます。
リカバリーには

炭水化物(糖質) 3 : 1 たんぱく質

という割合で摂取すると良いです。
いままでは、たんぱく質の割合が少なくて糖質が多いプロテインや、プロテインバーなどをトレーニング後に摂っていましたが、おにぎりは元気が出ますね🍙
ありがたい限りです。
今日から練習に湯浅先輩も合流したので、一層激しくやっていきたいですね。
きょうすけ

Older posts Newer posts

© 2017 すけログ

Theme by Anders NorenUp ↑

Powered by WishList Member - Membership Software