Category: オフシーズンのコンディショニング

キャンプ終了!

昨日、一昨日とキャンプを開催しました。

初めての試みで、内容から資料作りから悩みました。

 

結果的にはどうだったんでしょうか。。。

若干堅苦しい雰囲気になってしまったかもしれませんが、とにかくできるだけ伝えたかったので頑張りました。

 

また来年も開催して、コンディショニング、トレーニングを勉強する機会を増やしていきたいなと思います。

自分の感覚や経験といったことだけではなく、実際に身近な疑問で実証されていることや、科学的に明らかになっていることの応用の仕方、アルペンスキーでのコンディショニングへの活かし方ってことも精力的に広めていきたいです。

 

ブログでも告知しますので懲りずに見てください。。。

お願いします。。。

 

参加者の皆さま

そして協賛頂きました、Japana様、Kentai

ありがとうございました!

 

きょうすけ

サマートレーニングキャンプ開催(7/30,31)

こんにちは!

この度、トレーニングキャンプを開催することになりました。

コンディショニングのノウハウ的な部分を伝えればと思います。

ご参加よろしくお願いします!

以下、要項です。
アルペンスキー日本代表であり、トレーナーの資格も持つジャパーナチームの河野恭介選手と全日本チームの 大瀧詞久コーチによるコンディショニングトレーニングキャンプです。「コンディショニング教育」をテーマに、オンオフシーズンにおけるコンディショニングについて包括的に解説、実践していきます。科学的な根拠と自身のトレーニング経験から実用的なトレーニングを提案します!

コンディショニングを学んで、これからの競技生活に活用して欲しいと思います。日    時 7/30(土)~ 7/31(日) 1泊2日  

対   象 小学校5年生以上

定   員 30名程度(定員になり次第締め切り)

最少遂行人数 10名

料   金 14,000円(税込)

内   容 ●宿泊代(1泊3食付)※朝食、昼食、夕食付。

●コーチングフィ ●施設使用料

※通いを希望される方は別途設定あり。又は7/29(金)前泊も可能。

講    師 大瀧詞久 2013-2017 SAJアルペンナショナルチームコーチ

     河野恭介 NASM-PES(全米スポーツ医科学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)

2013-2017 全日本ナショナルチーム指定選手

ワールドカップ4試合出場 2014-2015ファーイーストカップ総合優勝
スケジュール   7/30 9:30    オリンピックスポーツパーク集合(野沢温泉村内)

AM アウトラインの説明 体幹トレーニング

PM 下肢トレーニング ~基礎から発展~

             7/31 9:30 オリンピックスポーツパーク集合(野沢温泉村内)

AM 上肢トレーニング & SAQトレーニング

PM     持久系トレーニング

16:00 解散

持ち物    トレーニングシューズ(屋内用、屋外用)、ドリンク、昼食費、タオル等必要なもの

※    1日参加 3,000円(施設使用料、コーチングフィー
宿  泊  山のホテル大瀧

〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7821-1 TEL:0269-85-4000

注意事項  期間中のスケジュールは天候状況等により変更となる場合がありますので、あらかじめ

ご了承願います。 当日/翌日のスケジュール変更がある場合、現地にてご連絡いたします。

キャンプ中の事故防止には最善を尽くしますが、万一の事故に対し、主催者は一切の責任を負いませんことをご了承願います。

尚、参加者は必ず傷害保険の加入をお願い致します。

問い合わせ  大瀧詞久 notaki0329@gmail.com

トレーニングとして行うスポーツ〜テニス編〜

こんにちは!

全仏が開幕して、錦織選手を筆頭に日本人選手も活躍していますね。

実は小学生のときに母の影響でテニスを始めて、家から1時間ほどのテニススクールに通ってたんです。すぐ辞めたけど。

それからめっきりやってなかったんですが、大学生のときは授業で坂井先生という昔グランドスラムに出場していた方に教わったりテニス部と打ってもらったりと、たま〜にやってきました。

大学を卒業してから色んな人の卒論を見てたら、大学テニス部の試合中の平均心拍数が150〜160という(数字はうろ覚え)データを発見しました。

コートチェンジ間、セット間、そして短いですがポイント間にも休憩がありながらの数字なので、有酸素インターバルみたいな感じかなと思いました。

ダッシュにストップ動作、左右への切り替えし、全身を使ったショット、色んな動作があります。

僕が先週出た試合では、ダブルスで1セット平均試合時間が35分ほど、心拍数は140くらいでした。それを6試合。

その中の1試合のデータです。最初の数分はサービスとリターン練習。そして33分ほどで終わりましたが計測を止め忘れるという(笑)


悪くないトレーニングだと思います。コンタクトもないので怪我のリスクも少ないです。

ですがなにより、メンタルに効きますね。ブレイクされそうな時や、マッチポイントのときなど大事な局面はなかなか緊張します。

あと、1試合ずっと集中力を高いレベルで維持するのはなかなか大変です。プロがグランドスラムでフルセットやってるのなんか見るとやばいなと思います。プロといえども1試合の中でも多くの場合は調子に波があり、相手に攻められている時や自分のテニスができていない時にその状況をどう打開していくのかというところを見てるのも面白いです。

やってる方は分かると思いますが、試合中は頭もフル回転です。
とりあえず、テニスは試合ができるレベルなら楽しみながら有酸素トレーニングとして活用できると思います。下手な僕でもある程度の負荷になります。

そして体力的な部分だけでなく、精神修行に良いと思います。
ちなみに母のおかげで先週の試合はB決勝(下位トーナメント)で優勝できました。やった。
ウェアはジャパーナブランドのTIGORAです。幅広いスポーツで展開していてとても助かります。
さあ、もうすぐ雪上です。頑張りますよ〜〜

1日でわかった。この人は人生すべてがテニスなんだ。でなきゃこんなレベルあり得ない。テニスのために朝起きて食事して何かを見て聞いて話して…だから、これからもプロになって毎日迷わずテニスのことだけ考えて生きていく。いいなぁ

By ベイビーステップ 丸尾栄一郎
テニス漫画ならベイビーステップがオススメです。プロへの道が描かれてます。

コンディショニングとは

IMG_8488

 

こんにちは。

レースがたくさん世界中で行われているのを指をくわえて眺めつつ、おれの指って味しないなって思っています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は朝から晩までトレーニングとリコンディショニングです。晩以降は知らないことの勉強です。

 

ということで今日はコンディショニングとはなんぞやということを書きたいと思います。

 

NSCA (National Strength & Conditioning Association)のHPにはこのような記載があります。


コンディショニング(Conditioning)とは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。また、一般の人々にとっては、快適な日常生活を送るために、筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に調整することです。

 


ストレングスの定義に関してはコンディショニングの一部ということで割愛しますので気になる方はNSCAのホームページに行ってみて下さい。。

 

スキー界では「コントレ」なんて言われたりしますね。

要するにコンディショニングは競技練習以外のトレーニングのことを指します。

 

コンディショニングの目的はパフォーマンスの向上ですが、もう一つ目的というか期待できる効果があります。「ケガの予防」です。普通に考えれば分かることだと思いますが、コンディショニングをして身体的な準備を整えることができれば当然ケガのリスクは減ります。

 

オフシーズンと試合期ではコンディショニングの内容は変わってきます(もちろんそれぞれの期の中でも内容は変わります)が、目的は一緒です。競技練習の有無や、試合までの期間が違うのでそれらの状況にあわせてコンディショニングを行っていきます。

 

その前段階がリコンディショニング、要するにリハビリですね。
僕はまだその段階ですが、しっかり頑張ります。

 

恭介

 

© 2017 すけログ

Theme by Anders NorenUp ↑

Powered by WishList Member - Membership Software